BEAUTY PRESS

for your beautiful life

世界初!「海底トンネル・ヨガレイブ」のアフタームービー公開!

   

3月21日(月・祝)に東京・お台場の海底トンネルにて開催された「ヨガレイブ」の模様をおさめた「アフタームービー」がYouTubeにて公開された。(冒頭の映像にて視聴可能)

海底トンネル・ヨガ

ストレスをカラダ・心からデトックスできるヨガレイブ!!思いっきり弾けて、心が元気になって解放される…。それはまるで子供の頃にかえったかのような、憂いのない「我を忘れた感」。しかも、本イベントは、ヨガの「静」のイメージを打ち破り、躍動感あふれる「動」の意外さに初体験の誰もが驚くヨガレイブだ。それは「ヨガ=静」という、ひとつの先入観を解き放った瞬間でもあった。

海底トンネル・ヨガレイブ

会場は、開通直前の海底トンネル。1200名がヨガレイブに興じた空間は、東京湾の海底から­たった7mのところに掘られた海底トンネル。まるで巨大宇宙ステーションに迷い込んだような感覚で味わえる、一生に一度あるかどうかの異次元空間でのヨガレイブ。海底トンネルという異次元空間には、今、車が往来する。2度と足を踏み入れることはない空間で「いま」に没頭したヨガレイブを映像で振り返る。

海底トンネル・ヨガ

【ヨガレイブとは】

ヨガとダンスと音楽の3つの要素をかけ合わせた全く新しいタイプのヨガ。ヨガから想像しがちな柔軟体操、苦行というイメージを覆す新機軸のコンテンツで、肉体への負荷をかける動的メニューとマインドに働きかける静的メニューの絶妙な組み合わせで、心身ともにストレスフリーになることができ、ぶれない心を創り上げていくのが特徴。

【ヨガレイブが「つなぐ」ものとは】

ヨガには「つなぐ」という意味がある。ヨガレイブでは、毎回普段ヨガのインストラクターを生業としているキャストだけではなく、多方面で活躍中の方々をお招きして各セッションをリードしている。理由はシンプル。ヨガレイブの初体験のきっかけは、キャストの誰かのファンということもあるかもしれない。でも、誰がリードしても楽しく弾けるヨガレイブを体験することで、キャスト達の道がそこで交わるだけでなく、そこの集う人たちの業界も、好む音楽ジャンルも、生きてきた道も、すべてがそこに交わり、「つながる」(=ヨガ)という現象を、生で感じ取ることができるから。それが、ヨガレイブに貫かれた想いなのだ。

そして、次回のヨガレイブも現在企画中されているようだ。最新の情報は、SNSより発信されるそう。要チェック!

▼Facebook
facebook.com/yogarave0
▼Twitter
@yogarave0
line2

【ヨガレイブ in 海底トンネル・キャスト・スタッフ一覧】

~国道357号東京港トンネルRUN&WALK&YOGA RAVE~

<キャスト>

RYUZI
RYUZI(セッション1)

来夏
来夏(セッション2)

ユーコ・スミダ・ジャクソン
ユーコ・スミダ・ジャクソン(セッション3)

LJ AIBA

DJ Satoshi Miya

照明
TEAL Inc.

音響
株式会社RTT

映像・写真
highrockfilm
カメラ(スチール):Mar Kaneko
カメラ(ムービー):Donald Kennedy
カメラ(ムービー):原木健
編集:杉野啓基

運営協力
制作&運営:株式会社枻出版社、株式会社セレスポ
コンテンツ提供:有限会社ストーンフィールド

特別協力
国土交通省関東地方整備局

friend partner
oltana

主催
国道357号東京港トンネルRUN&WALK&YOGA RAVE実行委員会
(株式会社セレスポ・株式会社フジテレビジョン)

ヨガレイブ総合プロデューサー / MC
石原来美

◎情報提供: 有限会社ストーンフィールド

 - 未分類 , , , ,